日本調剤

総合職・エンジニア職
新卒採用サイト

NIHON CHOUZAIRECRUITING SITE

「生きる」に向き合う取り組み「生きる」に向き合う取り組み

「生きる」に向き合う取り組み

“すべての人の「生きる」に向き合う”というグループ理念の実現に向け、日本調剤株式会社が展開している取り組みを紹介します。

THEME #1医療×DX

時代や社会環境の変化が激しい昨今、医療分野においてもデジタル化が急速に進んでいます。そんな中、医療業界にイノベーションを起こす取り組みとして、各種サービスをお届けしています。

お薬手帳プラス

電子お薬手帳「お薬手帳プラス」

紙のお薬手帳にスマホの特性を「プラス」して、より便利で健康な生活をサポートするアプリです。お薬の管理だけではなく、薬局とのコミュニケーション、カレンダーのアラームによる飲み忘れ防止、薬局への処方箋送信、そのほか各種健康管理(ヘルスケア)などの機能をスマートフォンやパソコン上で利用できます。

FINDAT

高度DIウェブプラットフォーム
「FINDAT(ファインダット)」

国内外の医薬品情報を中立的に評価して提供する、医療従事者向けの医薬品情報プラットフォームです。FINDAT を医療機関で導入していただくことを通じて、DI 業務(医薬品情報の管理業務)の負担を軽減し、「対物業務から対人業務」への転換やチーム医療の充実など、患者さまへ良質な医療サービスを提供することに貢献します。

NICOMS

オンライン服薬指導

日本調剤はオンライン服薬指導に対応しています。またオンライン服薬指導サービスである「NiCOMS(ニコムス)」は日本調剤の多くの店舗で導入しており、自宅にいながら薬剤師からお薬の説明を受けたり、お薬を受け取ることを可能にしています。小さなお子さまがいらっしゃる方、お仕事が忙しい方、定期的に服薬している方もスマートフォンやパソコンで簡単にご利用いただけるサービスです。

THEME #2社会変動への
スピーディな対応

人々を取り巻く環境の変化が、健康にもさまざまな影響をもたらします。日本調剤では、そのような社会の潮流を読み取りながら迅速に対応することで、人々の健康を支えています。事例としては、「新型コロナワクチンの集団接種の拡大に伴う、薬剤師によるワクチン接種業務のサポート」、「抗原検査キット販売」、「健康チェックステーションでの PCR 検査のサポート、キットの販売」「薬局内・コンビニエンスストアでの、非接触の処方薬受け渡しロッカーの設置」などが挙げられます。

THEME #3調剤薬局として、
多角的に健康を支える

患者さまはもちろん、全ての人々の健やかな生活を支援するため、私たちは調剤薬局としての責務を果たしながら、さらに幅広くサービスを展開しています。

高度医療に関する取り組み

専門医療機関連携薬局

より高度な薬学管理や、高い専門性が求められる特殊な疾患に対応することができる薬局のことで、日本調剤は全国 30 店舗以上が認定を受けています。近年特に注力しているのが、外来でのがん治療に対応できる薬剤師の育成で、専門性を有した薬剤師の指標の 1 つであり、専門医療機関連携薬局の認定要件にも関連している「外来がん治療専門薬剤師」の在籍者数は調剤薬局業界トップを誇っています。

在宅医療に関する取り組み

在宅医療

日本調剤は介護保険施設のご入居者さまや重篤な病気や高齢のためにご来局が困難な患者さま、難病の小児患者さままで、地域のニーズに応じた幅広い在宅医療業務を行っています。また、大型調剤機器を導入した「在宅支援センター」を全国に展開し、在宅医療の体制をより一層強化しています。

ヘルスケアに関する取り組み

ヘルスケア

健康サポート機能

当社には、厚生労働大臣が定める基準をクリアした健康サポート機能を備える「健康サポート薬局」があります。健康相談や健康度測定ができる独自の店内施設「健康チェックステーション」を設置するなど、地域住民の方々や患者さまの健康維持・促進、未病・予防に貢献しています。

経営

健康経営

人々の健康を支えるために、まずは社員の健康維持・増進が必要と捉え、健康経営にも力を入れています。専門領域に明るい社員が多数所属する当社だからこそ実現可能な、各専門分野のスペシャリストとの社内コラボヘルスも実施しています。2022 年には「健康経営優良法人 2022(大規模法人部門)」に認定されました。