日本調剤

総合職・エンジニア職
新卒採用サイト

NIHON CHOUZAIRECRUITING SITE

仕事紹介仕事紹介

仕事紹介

会社の中枢で日本調剤を動かし、支える。そんな総合職・エンジニア職の存在意義、そして各部署の仕事内容をご紹介します。

日本調剤の総合職・
エンジニア職の存在意義

“すべての人の「生きる」に向き合う”――この壮大な使命を果たしていくために、店舗や工場など現場で活躍する社員はもちろん、企業の中枢として、新たな価値を創出し、また既存のものを安定的に人々へ行き届ける存在が必要です。

日本調剤の総合職・エンジニア職はその責務を果たしていくことで、日本調剤という一企業、ひいては医療・ヘルスケア業界全体の未来を動かすことに貢献していきます。

そんな総合職・エンジニア職を担う
社員たちに、
目指してほしい将来像とは?

仕事紹介

日本調剤の全薬局を統括する

薬剤本部薬剤本部

薬局の運営管理にはじまり、全国のデータを分析した上での市場予測、戦略の立案、医薬品や備品の購買条件交渉、薬局事業にまつわる新規サービスの企画・実行など多くの役割を担っており、薬剤管理部・購買部・マーケティング部・薬剤企画部ほか、複数の組織が属しています。

▼関連記事はこちら

新たな価値となる事業を生み出す

事業開発部事業開発部

社内外から医療・ヘルスケアに関連する情報を収集しながら、調査・分析・計画・実行を行い、世の中に新しい価値を提供する事業をつくりあげます。大学との共同研究にも携わり、医療とテクノロジーを融合した人々の健康に資するソリューションを創造しています。

「FINDAT」の開発からカスタマーサポートまで

FINDAT事業部FINDAT事業部

中立的に評価した医薬品情報をWEB上で配信するサービス「FINDAT(ファインダット)」を医療機関・教育機関向けに展開しており、サービスの開発・運用からプロモーション、営業・顧客対応などを担っています。薬剤師の実務に役立つ医薬品情報の提供を通じて、医療機関での適切な薬物治療に貢献しています。

日本調剤の情報を、多方面に向けて発信

広報部広報部

日本調剤の理念や企業活動を広く知っていただくために、薬局の利用者さまから従業員、株主、取引先など、各種ステークホルダーに向けて、情報発信を行います。具体的には、社内報やイントラネットを活用した社内広報から、コーポレートサイトの企画運営、日本調剤が展開する各種サービスの社外プロモーション、各メディアの取材対応まで幅広く担います。

▼関連記事はこちら

経営課題解決から、IR情報の提供まで

経営企画部経営企画部

主な任務は、将来を見据え日本調剤グループ全体の経営方針を立てていくことです。グループ会社間のシナジー効果を最大限に発揮させるにはどうすべきかという日本調剤ならではの課題から、サステナビリティ、DX、ジェンダーギャップ、人的資本経営などの社会的な課題まで、幅広い課題に対して取り組んでいます。また、株主や投資家に対し、経営や財務状況など、投資に必要な情報(IR 情報)の提供も行っています。

▼関連記事はこちら

社員が心地よく働ける職場づくりを担う

総務部総務部

安全で快適な職場づくりを行う部署で、オフィスや薬局業務のサポートから災害対策などの安全管理、忘・新年会などといった社内イベント、株主総会の運営まで、幅広い業務を担います。また、日本調剤の事業の成長を法律面から支える法務部門としても機能しています。

社員の能力を最大限に引き出せるようサポート

人事部人事部

採用活動、研修の企画・運営を含む人材育成、給与・社会保険・福利厚生などの労務管理、人事制度の構築を行うことで、社員一人ひとりが最大限に能力を発揮し、安心して働けるよう支える部署です。

▼関連記事はこちら

今後のためのお金を管理

財務部財務部

グループ全体を俯瞰しながら未来のお金を管理します。各金融機関と利率交渉や条件交渉を行い、経営上必要な資金や企業の成長に向けた投資資金を調達する一方で、支払い確認を通して資金管理なども行います。また、薬局における支払手段の多様化や売上金入金用口座の開設など、決済に関わる対応も行っています。

会社の日々のお金を管理

経理部経理部

全国の薬局や本社・支店の全ての取引を数値化し、決算報告を行います。作成した決算数値はマネジメント層や株主・投資家、税務当局や監査法人などさまざまな利害関係者に提供されます。また、請求書処理や社員の立替経費の精算も担当しており、各部門の業務遂行をサポートします。

▼関連記事はこちら

システムの運用・管理を担う

システム第1部システム第1部

安全かつ効率的な薬局運営ができるよう、システム面で薬局や本社・支店の業務のサポートを行います。ネットワーク環境の構築やキッティングや最新アプリケーションの配信、システムについての問い合わせに対応するヘルプデスク業務に留まらず、IT を駆使した業務改善提案、ウィルスや不正アクセスに対するセキュリティ対策も行っています。

システムの開発を担う

システム第2部システム第2部

薬局の業務システムである調剤システムの自社開発を担うほか、「お薬手帳プラス」や「NiCOMS(ニコムス)」などの患者さま、お客さま向けのシステム開発や管理部門向け業務支援システムの開発も行っており企画・要件定義・プログラミング・テストなど一連の業務を担当します。開発ベンダーに依頼するプロジェクトではベンダー管理も担います。(※エンジニア職が配属となる部署です)

▼関連記事はこちら

薬局新設の最前線に立つ

営業部営業部門

新たな薬局店舗の開局を担う部署です。市場調査や不動産オーナーとの交渉、医療機関へのコンサルティングを経て、薬局を作り上げていきます。さまざまな部門に分かれており、エリアや取引先に合わせたアプローチをしています。